( ^ω^)砂上狩人のようです - Boonism Life in the Sea. -
FC2ブログ

Boonism Life in the Sea.

( ^ω^)ブーン系作品に関する事や普段考えてる事などを、不定期に更新していきます。

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 作品紹介・感想   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

( ^ω^)砂上狩人のようです

一面に広がる大砂漠、晴れ晴れとした青い空、吹き抜ける風、オアシス。

広大な大自然の中に飛び込み、身一つで鳥の様に滑空できたら、どれだけ気持ち良いだろう。
そんなファンタジーのような空想にふけるときの感覚は、この作品を読んでいる時の感触にも似ている。
主人公のブーンは砂漠の空気を、ボード一枚で軽やかに泳ぐのだ。

冒険者であるブーンとドクオのコンピは、ギルドであるクエスト(依頼)を受注する。
“砂竜”の素材狩猟。割のいい報酬に安請け合いしてしまったものの、デンジャーなミッションだ。
そう、彼らは砂漠において『狩人』となる。

そしてオアシスで出会う謎の少女(全裸///)・・・いったい何者!?

世界観や設定が非常に緻密に描かれていながら、堅苦しい感じは無し。
こう、ジブリをみているような感覚にとけ込みます。光と風を感じ、水の潤いの心地よさと大切さを知る。

んでまた出てくる飯が美味そう...!(*゚∀゚)=3
こういうツボをついてくるのもまた、僕好みの作風です。おなかすきます。

そしてブーンとドクオの脳裏に走る、世界の“崩壊の記憶”――――――。
 僕らは生まれながらにして、世界の滅亡に立ち会うことが運命付けられている。
 それは前世も、その前も同じだった。
 生まれながらにして僕たちは、世界の終焉を知っている。
 遠くない将来、この世は、終わる。


序盤なのでまだまだ謎の部分が多いですが、これから明らかになってゆくでしょう。
エジプト+モンハン+古式科学といった感じでしょうか。
太陽の鮮やかな熱を受けて、エスニックな民族音楽が聴こえてきそうな作風です。

http://boonbunmaru.web.fc2.com/rensai/huntsman/huntsman.htm
(ブーン文丸新聞)

スポンサーサイト

Comments


11 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

クラゲの管理人。

Author:クラゲの管理人。
ブーン系界隈に棲息。健やかにブーン系ライフを満喫している。作者も読者もやってます。このサイトのリンクはフリーですので、お気軽にリンクお願いします。

検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。